FC2ブログ
プロフィール

sanukinisumuhito

Author:sanukinisumuhito
農薬のない世界がくることを望みます。農薬は土、水、空気すべてを汚染し生態系を破壊します。農薬以外にも人が作り出した様々な化学物質は日々環境中に放出され、環境汚染を悪化させ、生き物を苦しめ死に追いやっています。すべての人間にそういう流れを止める努力をしてもらいたいです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. -

    2018-02-03 (Sat) 14:21

    このコメントは管理者の承認待ちです
  2. sanukinisumuhito

    sanukinisumuhito

    2018-02-03 (Sat) 17:17

    はい、「しもい」というのだそうです。野良仕事のおじさんに聞きました。
    それと頂いた新見教授の小巡検ガイドブックの最後のページの手書きの出水マップにも載っていました^^
    菅さんの以前撮影された出水とは植物の茂り具合で全く違って見えますね。驚きました!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
167

S】 下井出水 高松市香川町 出水・湧水

simoi1.jpg
高松市香川町大野、行寺池(ぎょうじいけ)側にある、自然護岸の出水。
水中はオオカナダモらしき水草に覆われているが、透き通ったきれいな水が湧いている。
この辺りに多い、香東川の伏流水の一つだろう。


simoi2.jpg
水辺に見慣れない植物が茂っており、図鑑等で調べてみたが、分からなかったため、知恵袋で聞いてみた。ショウガ科のヘディキウムの一種だそうだ。さらにネットで検索すると「現在流通する数多くの園芸品種は、香川県の育種家小山実一氏の手によるもので、100種以上の品種が作出されています。」という記述があった。
この場所で野生化し、立派に育っているのも、何かそれと関係があるのかもしれない^^;


simoi5.jpg
護岸は植物に覆われてよく見えなかったが、石積護岸のようだ。
水辺に垂れたイバラの実が赤く色づいてきれいだった。


simoi4.jpg
季節柄、生き物の気配のない、静かな水辺であった。


simoi6.jpg
こちらは出水の流れ出ていく水路側から撮った写真。
水中で青々としているのはキショウブだろうか?

simoi3.jpg
こちらは側を流れる小川と出水の合流部分。
クレソンが生えていた。

側にいたおじさんの話によると、水は出水の南面から湧き出しており、昔は野菜を洗ったりするのに使われていたそうだ。
大きな出水なので、昔は湧水量が多かったのだろうと思う。






スポンサーサイト
2

Comment

  1. -

    2018-02-03 (Sat) 14:21

    このコメントは管理者の承認待ちです
  2. sanukinisumuhito

    sanukinisumuhito

    2018-02-03 (Sat) 17:17

    はい、「しもい」というのだそうです。野良仕事のおじさんに聞きました。
    それと頂いた新見教授の小巡検ガイドブックの最後のページの手書きの出水マップにも載っていました^^
    菅さんの以前撮影された出水とは植物の茂り具合で全く違って見えますね。驚きました!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。