プロフィール

sanukinisumuhito

Author:sanukinisumuhito
地球の環境を守ることが人間の使命だと感じている管理人のサイト。
管理人について

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

88

S】 蓮光寺出水からの小川途中の湧水 飯山町出水・湧水

湧水の混じる小川

蓮光寺出水を発端とする小川の途中に湧水を生じる場所があるとshopmasterさんに聞いたので行ってみた。
こちらのブログを参照

shopmasterさんが出会ったのと同一人物である農作業をしているおばあさんに偶然出会ったので、湧水の場所を聞いてみた。
場所は上記画像中ほどの場所である。
丁寧に湧水部周辺のゴミを鎌で横へ押しやってくれ、ここだと教えてくれた。(画像二枚目)
一瞬濁った水もすぐに澄み通り、確かにそこから水が湧きだしているのを確認できた。

昔はよく井出さらいをしていたので、皆そこから水が湧き出ていることを知っていたようだが、現在は知る者もあまりいなくなったようだ。
また昔は蓮光寺出水と、ここからの湧水のみの小川であり、家庭排水やゴミなど流れていなかったので、ここから少し北へ下った橋のたもとで、周囲の人々が野菜などを洗う姿がよく見られたらしい。
今では家庭排水が多量に混じり、川がとても汚くなり、とてもそういうことはできなくなったと残念がっておられた。

またこのおばあさんの自宅には昔ながらの玉石の井戸があり、昭和の大干ばつの折、焼飯出水の水が減り、稲作に影響が出た時はその井戸からポンプで周辺の田へ水を送ってあげたそうだ。
今でもよく湧き出る井戸のようである。

しかしながらこの川の上流にある住宅街からの排水は目を覆いたくなるものがあり、せっかくの湧水の小川がこれでは台無しである。
このご時世、すっかり貴重になってしまった湧水の小川というものを、多くの人にもっと大切に思ってもらいたい。

また対岸の小川の石積みからも湧水ではないかと思われる水の滴りがあった。
4枚目の画像は同小川で生えていた(おそらく)コウガイモ。
ちなみに飯山町内で水草の種類は年々激減していると思われる。


湧水の混じる小川

湧水の混じる小川

湧水の混じる小川
△location
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。